×

CATEGORY

HOME»  誕生日»  びっくり誕生日 子供向け

びっくり誕生日 子供向け

【ご注文の流れ】
ご購入いただく前に絵本の本文に入る物語の情報をオーダー情報入力フォームより入力し送信ください。
オーダー情報入力フォーム送信後に、同様の商品をカートへ入れ購入手続きをお願い致します。

フォーム入力されずにご注文された場合は、確認のためご連絡させていただく場合がございます。
商品到着が遅延する場合もございますので予めご容赦ください。

オーダー情報入力フォームは>>こちら オーダー情報入力フォームは>>こちら

 

  • びっくり誕生日 子供向け

  • 販売価格

    3,780円(税込)

  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 本文に入る入力項目

    ※は必須項目となります。

    主人公の名前(姓名) ※   
    呼び名(ニックネーム) ※   (ちゃん くん 等を付与ください)  
    年齢 ※ 
    性別 ※ 男の子/女の子
    ホームタウン(住んでいるところ) ※   
    登場人物1     未記入の場合<みんな>と入ります
    登場人物2   
    登場人物3   
    本の贈り主の名前 ※
    本をプレゼントする日(年月日) ※
    メッセージ 40字以内 (20字・2段で表記)

    絵本のサンプル

     

     

    かずくん

    びっくりたんじょうび

    あなたにおくる おはなしのほん

     

    カレン・M・ヘフティ作
    あき よしこ訳
    ヴァレリー・ウェブ゙画

     

     



    すずき かずお さま

    おたんじょうび おめでとう!

    これは あなたのために
    とくべつに つくられた おはなしのほんです。

    いつもあかるく げんきな かずくん
    やさしいこに そだってね

    2015

    ママとパパより

     

     




    かずくんは うれしくて
    なにをしても おちつきませんでした。

    まちにまったひが、ついにやってくるのです!

    幼稚園の みんなに 91日というひをおぼえてほしいと おもっていました。

    このひ かずくん
    さいに なるのです!
     

     



     かずくんは ずっとまえから
    おたんじょうかいの ことを かんがえていました。

    ぼくの おたんじょうびは
    ほんとうにくるのかな?」
    おたんじょうかいには たくさんのおともだちにきてもらいたいと おもっていました。

    みんなには
    ぜったいに きてもらいたいな。

    そうしたらこんどの おたんじょうかいはさいこうだ!」

     



     たんじょうびの まえのよる、
    かずくん
    すてきな ゆめをみました。

    おたんじょうかいの ために おしゃれをして
    おおきなへやの まんなかに ひとりで
    たっているゆめです。

    そのへやには いろのちがうドアが ありました。

    かずくんは 10この まほうのかぎが ついた かぎのわを
    もっていました。

    かぎのいろは ドアのいろと
    おなじ くみあわせでした。

     




    でも ひとつのドアだけ
    おなじいろの かぎが ありません。

    そのドアは とてもきれいな にじいろです。

    「どうやって このへやに はいるのかな?

    にじいろの かぎもないし、
    どうしたらいいのかな・・・・・ そうだ!

    みんな
    きいてみよう!」 

     

     かずくんは あおのドアを
    あけようと おもいました。

    あおいかぎを かぎあなに さしこんでゆっくりと ドアを おしあけると・・・・・・

    そこには かぞえきれないくらい たくさんのふうせんが ゆらりゆらりと ゆれていました。

    おおきの ちいさいの まるいの ながいのくねくねしたのや おかしなかたちの ふうせんもあります。

    かずくんは うかれてふうせんを つつきながらあるきまわりました。

    なかには いままで みたこともないほど おおきいまっさおな ふうせんも ありました。

     

     あおのへやを みおわって、かずくんはしろいかぎで ドアをあけて、そっと しろいへやに はいってみました。

    そこには、バースディ・ケーキが
    いくつもいくつも ならんでいました。

    ちいさいのや フルーツのケーキもあって、かずくん ひとりでは
    とても たべれそうに ありません。

    いちばん おいしそうなのは だんがさねのしろいケーキでした。

    みんなも きっといっしょに このケーキを たべたがるだろうな」 とかずくんは おもいました。

     


     さくらんぼのような あかいかぎでつぎの ドアをあけると、かずくんは びっくりしてひっくりかえりそうに なりました。

    めのまえに とけかかった ちょうとくだいのアイスクリームが そえたって いたのです!

    さくらんぼと ナッツがはいっていてホイップクリームも たっぷり、
    シロップもかかっています。

    「アイスクリームの やまを すべりおりたら、たのしいだろうな。

    ほんとうに おいしそう・・・・・・ はやく たべたいな!」

    かずくんは いいました。

     

     

    つぎは オレンジいろの へやに いってみました。
    ドアをあけると かずくん
    おもわず くすくす わらってしまいました。
    だって、おもしろい かっこうをした ピエロが
    40にんも いたんです。
    どのピエロも かみのけの いろは オレンジいろ!
    ふとっちょのピエロ、やせたピエロ、
    たのしそうなピエロ、なきがおのピエロもいます。
    てじなを したり、とんだり はねたりしている
    ピエロもいました。
    かずくんは わらいすぎて、
    なみだが でてきました。

     

     


     ゆめのなかの みどりのへやは、プレゼントが つまりすぎていてかずくんが ドアをあけようとしても なかなか あきませんでした。

    みんなからのプレゼントはどれかなぁ。

    「このなかに たんじょうびに ほしいとおもっていたものが あるといいけど・・・・・・

    あのみどりのはこが そうかな!?

    あけてみようかな?」
    かずくんはまよいましたが、おたんじょうかいまでまつことにして、つぎのへやをのぞいてみることに しました。

     


     ピカピカに かがやいている きんいろのドアをあけた かずくんはとびあがりました!

    へやじゅう のりものだらけ。

    まんなかにはきれいな きんいろのメリーゴーランド!

    きんいろのくらを つけた ポニーや かんらんしゃ、でんしゃや じどうしゃの おもちゃも ありました。

     


    ピンクのかぎで あけた へやは、
    ピンクいろの あめが いっぱいでした。

    「わぁ、すごい!」
    かずくんは さけびました。

    「こんな いいゆめ はじめて!」

    ぼうつきのペロペロキャンディ、
    ほそながいペパーミントキャンディ、かたいの、やわらかいの、チョコレートがついたのも・・・・・・
    あめ、あめ、あめ、あめだらけです。

    かずくんは おもいました。
    「このあめは
    みんなとわけることにしよーっと!」
     

     

     

     ちゃいろの ドアの へやは、いろいろなぬいぐるみで いっぱいでした。

    かずくんは かわいくて ふかふかした ちゃいろの くまを だっこしてみたいと おもいました。

    かずくんより せのたかい ほんものそっくりの きりんや、かたてに のるくらい ちいさい ぬいぐるみも いました。

    「このぬいぐるみたちを みんな じぶんのへやに つれていきたいな。

    でも ベットが どこだか わからなくなったら たいへんだ!」

    ちょっと こまってしまった
    かずくんです。

     

     

     


    きいろのドアを かずくん
    あけると、そこには おもしろそうな ゲームがたくさん ありました。

    ロバのしっぽのふくわらい、おはじき、おてだま、りんごのヨーヨーつり、わなげやいすとりゲームのいす・・・・・・

    かずくんは どのあそびからはじめればいいのか、なやんでしまいました。

     

    さいごのかぎは ぎんいろのかぎです。

    かずくん
    ぎんいろの へやのドアを あけました。

    へやが いろんないろの テープでかざられています。

    そこには、おたんじょうかいに つかうものがぜんぶ そろっていました。

    おさら、コップ、ナプキン、フォーク、スプーン、ぎんのふえや、すず、ラッパ・・・・・・

    たんじょうかいに きてくれたみんなによろこんでもらえそうなものが なんでもありました。

     

    かずくんは まだゆめのなかです。

    にじいろの ドアのまえに たっているのに、やっぱり かぎが ありません。

    かがみこんで かぎあなから なかを のぞいた かずくんは びっくりしました。

    「ここなら おたんじょうかいが すぐにはじめられる!」

    そこには ほかのへやで みたものがぜんぶ ありました。

    でも、へやには だれもいません。

    かずくんは すごく
    かなしくなって、つぶやきました。

    「ひとりだけの おたんじょうかいなんてたのしくないよ」

     

     

    ちょうど そのとき めがさめました。

    かずくんが きがえて いそいで だいどころに いくと、ゆめでみた にじいろの へやと おなじ かざりつけが してあります!

    「おたんじょうび おめでとう!」

    みんなのこえが しました。

    かずくんが ふりかえると みんなも います。

    「わー、びっくりした!

    でも さいこうのたんじょうかいだ!

    みんな ほんとうに ありがとう!」

     

     

    かずくん
    おたんじょうかいに きてくれたひと

             


                    


     


     


     


    フリースペースとなります         

     

     

    挿し絵とテキスト形式の内容見本です
    実際のページ構成 レイアウトとは異なります 
    絵本のサイズは変形B5版となります
    文字の書体や改行位置、レイアウト、色合い等は実物と異なる場合がございます。
    実物の文字印刷はすべて黒色になります。
    & < > " 等の半角記号や ハートマーク は入力できません。


     

関連商品