×

CATEGORY

HOME»  大人向け»  クリスマスの願いごと 大人向け

クリスマスの願いごと 大人向け

【ご注文の流れ】
ご購入いただく前に絵本の本文に入る物語の情報をオーダー情報入力フォームより入力し送信ください。
オーダー情報入力フォーム送信後に、同様の商品をカートへ入れ購入手続きをお願い致します。

フォーム入力されずにご注文された場合は、確認のためご連絡させていただく場合がございます。
商品到着が遅延する場合もございますので予めご容赦ください。

オーダー情報入力フォームは>>こちら オーダー情報入力フォームは>>こちら

 

  • クリスマスの願いごと 大人向け

  • 販売価格

    3,780円(税込)

  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 本文に入る入力項目

    ※は必須項目となります。

    主人公の名前(姓名) ※   
    呼び名(ニックネーム) ※   (ちゃん くん 等を付与ください)  
    年齢 ※ 
    ホームタウン(住んでいるところ) ※   
    登場人物1     未記入の場合<みんな>と入ります
    登場人物2   
    登場人物3   
    本の贈り主の名前 ※
    本をプレゼントする日(年月日) ※
    メッセージ 40字以内 (20字・2段で表記)

    絵本のサンプル


    一郎さん
    クリスマスのねがいごと
    あなたにおくる おはなしのほん
     
    ますやま あつし作
    CABジャパン編集
    ヴァレリー・ウェブ画

     

     



    鈴木 一郎 さま
    メリークリスマス!
    これは あなたのために特別に作られた本です。

    スノーボード楽しかったですね
    これからもよろしく


    2015
    浅田 麻央より

     

     

     



    「今年のクリスマスプレゼントはどうしよう?」
    20歳の一郎さんはため息をつきました。
    世の中はクリスマスムード一色。
    街はうきたつような空気こ包まれています。
    でも一郎さん目下の悩みは、
    みんな
    クリスマスプレゼントが
    きまらないことなのです。
    部屋に飾られたクリスマスツリーを眺めながら、
    一郎さん20回目のため息をつきました。 

     



    幼い頃、クリスマスの朝には、
    プレゼントがいつも枕元に置かれていました。
    もう一郎さん、もう自分でプレぜントを
    探しにいかなければならないのです。
    『電話一本、30分でお届け』してくれる、
    ピザ屋みたいなサンタクロースはいないかなあ。
    プレゼントのことを考えすぎて、
    一郎さん頭はオーバーヒート気味!
    そのときでした。
    郵便受けがコトリ、と小さな音をたてたのは。 

     




     郵便受けをのぞくと、見慣れない模様をあしらった、
    一通の手紙が入っていました。
    そこには消印も、名古屋市
    一郎さん住所もありません。
    ただ、『鈴木 一郎様』という文字があるだけです。
    封を切った一郎さん驚きました。
    そこには、こんな文章があったのです。
    鈴木 一郎
    わしはサンタクロース。
    クリスマスももうすぐじゃが、いかがお過ごしかな。
    サンタクロース??
    一郎さん頭はいっきに真っ白になりました。

     




     サンタクロースの国は今、
    クリスマスプレゼントの準備で大忙しじゃ。
    なにしろ、世界中へプレゼントを運ぶんじゃからな。
    一郎さんはどんなプレゼントをお望みかな。
    サンタクロースの国、特製クッキーはどうじゃ。
    もみの樹の形をしていて、
    それはそれはおいしいクッキーじゃよ。

     




     一郎さんはやっぱりそうかと思いました。
    これは最近、近所にできたケーキ屋の、
    ダイレクトメールに違いありません。
    でも手紙の文章はまだまだ続きます。
    プレゼントの用意ができると、
    こんどはトナカイたちの準備をしなきゃならん。
    金の鈴が付いたひもを、一頭一頭つけていくんじゃ。
    これがあの有名な
    「ジングルベル」という曲になるんじゃよ。

     



     一郎さん、信じられない、と思いました。
    サンタクロースなんて架空の人物で
    そんな話はとっくに卒業したはずなのに・・・
    でも手紙には・・・
    サンタクロースなんているもんか、
    と、思っておるのじゃろう。
    サンタクロースを見たかったら、
    クリスマスイブにサンタクロースの国にくるとよい。
    世界中の国々に飛び立つサンタクロースのそりを、
    一般公開しておる。

     




     一郎さん、またわからなくなりました。
    どうやらこれはケーキ屋どころではなさそうです。
    もしかするとフライドチキンの店かもしれない!?
    一郎さん脳裏に、小太りで、
    めがねをかけ、いつもニコニコして街角に立っている、
    とあるおじいさんの姿がうかびました。
    わしはみんなの視線を浴びながらそりに乗り込む。
    まるでスターになったきぶんじゃ。あたりは大騒ぎさ。
    みんなの寝顔を見るのもいいが、
    幸せそうな笑顔を見るのは、
    もっと良いもんじゃよ。

     




     一郎さんはちょっとばかり想像してみました。
    もし自分がサンタクロースの国に行けたら!
    なんてわくわくする光景なのでしょう。
    そうかこれは旅行会社のパンフレットなんだ!?
    「冬休みはスキーをかねてサンタクロースの国へ!!」
    こんなキャッチコピーがうかびました。
    みんなわしに手をふってくれておる。
    いよいよ出発じゃ。忘れ物はないかな?

     




     それからわしは、トナカイたちに、
    「さあ、行こう!」と声をかける。
    するとそりはあっというまに空の上。
    空気は冷たいが、とてもよい気持ちじゃ。
    いちど乗せてやりたいくらいじゃよ。
    この手紙は航空会社のパンフレットかもしれない!?
    一郎さん考えました。
    北欧の空を遊覧飛行する会社なのです。
    でも、一郎さん高いところはちょっと苦手です。

     



     めざす家に到着すると、さあ仕事じゃ。
    エントツから、といいたいところじゃが、
    近頃はエントツのない家が多いから大変じゃ。
    なんとか家に入りプレゼントを置いたら、
    すぐ次の子の家にいかなきゃならん。
    プレゼントのリストは、
    子供たちの名前でいっぱいじゃ。
    こんどは警備会社のパンフレットかな?
    一郎さん思いました。
    『サンタクロースも入れない防犯装置』じゃ、
    サンタクロースがかわいそうです。

     



     目のまわるような夜を過して、
    クリスマスの朝に帰ってくるころは、
    もうへとへとじゃが気分はそう快じゃ。
    この一夜のために、1年を過しておるからな。
    わしは妻に子供たちの様子を話してやる。
    あの子は今年もいい子にしておったよ、
    というと、妻はとても嬉そうじゃ。
    そうそう、わしは一郎さん、子供のときの
    寝顔を見たこともあるんじゃよ。
    結婚案内のパンフレットだったのか、
    一郎さん思いました。
    でもサンタクロースにもおくさんがいるなんて

     

     


    クリスマスの前には、
    たくさんのおもちゃを作る仕事がわしを待っておる。
    家では、一日中にぎやかな音がしているが、
    それはおもちゃを作る音なんじゃ。
    こんどは隣町にできた大きなおもちゃやさんかな?
    一郎さん考えました。
    そして子供のころ、目が覚めると、
    きまって枕元に置かれていた
    プレゼントのことを思いうかべました。
    昨夜までなかったおもちゃが、朝そこにあるのは、
    とても不思議で、魔法のようでした。

     




     一郎さん
    おまえさんはもうおもちゃで遊ぶ子供ではないが、
    今回のクリスマスには、
    特別にプレゼントをあげることにしょう。
    はてさて、何だと思うかね?
    この手紙を最後まで読んでくれればわかるが、
    それはまだ秘密じゃ。

     



     そろそろたくさんのプレゼントが、
    きれいに包まれて、いろんな国に旅立つところじゃ。
    サンタクロースのプレゼントというもんは
    ただおもちゃを包んでいるだけではないぞ。
    その中には、
    夢だの、希望だの、感謝だの、愛情だのといった
    気持ちがいっぱいつまっとる。
    子供たちは、プレゼントをあけたとき、
    その気持ちも一緒に受取ることになるんじゃ。
    もちろん、一郎さん
    みんなへの
    プレゼントにも入っておるとも。

     


    さあ、いよいよ出発じゃ。
    わしはおなじみの赤い服を着る。
    北極の空の凍るような寒さも気にならんような、
    完全防寒仕様じゃ。
    プレゼントをつめた大きな袋をャ鰍ノ乗せ、
    たくさんの子供たちに会えるのももうすぐじゃ。
    外はもう、しんしんと雪がふっておる。
     一郎さん、おまえさんへのプレゼントは、
    浅田 麻央さんにあずけておいた
    ま、楽しみにしておれ。
     

     



     わしは空をひとっ飛び。
    ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、アジア、そして
    名古屋市にもプレゼントを届けにいくぞ。
    プレゼントを待っとる子供たちは世界中におるからな。
    そうじゃ、忘れておった。
    わしがこんな手紙を書いたのは、理由がある。
    プレゼントが無事おまえさんへ届くには、
    ひとつ条件があるからなんじゃ。
    それはクリスマスの朝に、ひと言こういえばよい。
    つけくわえるなら、できるだけ明るく、楽しくやってくれ。
    一郎さん、いそいで最後の紙をめくりました。
    そこには・・・

     

     


    「メリークリスマス!」
    一郎さん
    みんなへの
    プレゼントを選びにコートをはおると、
    楽しそうに出かけて行きました。
    ポケットには、
    サンタクロースからの手紙が入っています・・・
     

     

     

    挿し絵とテキスト形式の内容見本です
    実際のページ構成 レイアウトとは異なります 
    絵本のサイズは変形B5版となります
    文字の書体や改行位置、レイアウト、色合い等は実物と異なる場合がございます。
    実物の文字印刷はすべて黒色になります。
    & < > " 等の半角記号や ハートマーク は入力できません。


     

関連商品